最も最近の


アメリカのアニメーション制作会社を、21社まとめてみました

アメリカやカナダのアニメーション制作会社ってみなさん、どのくらいご存知ですか?

そもそも日本にいると、なかなか海外のアニメーショントレンドなんて追いきれないように感じます。日本国内のアニメだけでも毎クール見切れないほどの数がありますし、カートゥーンやCG作品までは、興味があってもなかなか手が回りません。日本語の情報も少ないです。

ましてやスタジオの名前なんて。。。よほど大きな物しか知らないですよね。

Toon Boomの本社サイトには「Toon Boomのソフトを使用して制作された作品リスト」というページがありま(2020年8月現在)。そこで今回は、このページに掲載されている作品を制作した北米のアニメーション制作会社をご紹介していきたいと思います。全部で21社ありました!

アメリカのアニメーション制作会社

早速アメリカのアニメーション会社をリストします。

なお、会社概要は、各スタジオの公式サイト等をほぼそのまま翻訳する形で掲載しています。詳細が知りたい方は、ぜひ各社のウェブサイトを訪れてみてください!

 

Nickelodeon Animation Studios(アメリカ)

北米のスタジオリスト-08-min

公式Web:https://www.nickanimation.com/

代表作:
スポンジボブ #Toon Boom製品が制作に使用されました
グリッジ・テックス #Toon Boom製品が制作に使用されました
ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ #Toon Boom製品が制作に使用されました

▶︎ 会社概要をざっくり翻訳
ニコロデオン・アニメーションはロサンゼルスとニューヨークを拠点としています。あらゆる種類のアニメの専門家がいます。 『Ren & Stimpy』『Rugrats』『Doug』などの初期の作品から、近年の『Spongebob』『The Loud House』『The Casagrandes』などの時代に至るまで、ニック・アニメーションは30年近くにわたり、世界中の子供たちのためにアニメを作り続けてきました。

 

Bento Box Entertainment(アメリカ)

北米のスタジオリスト-03-min

公式Web:https://www.bentoboxent.com/

代表作:
BOB'S BURGERS #Toon Boom製品が制作に使用されました
PARADISE PD

▶︎ 会社概要をざっくり翻訳
FOX Entertainment の一員である Bento Box Entertainment (BBE) は、複数回のエミー賞受賞経験のあるスタジオです。25年以上のアニメーション経験を持つ経営陣によって設立。現在は、ロサンゼルスとアトランタのスタジオで500人以上のアーティストと制作スタッフを雇用しています。これまでに、500以上のエピソード、20以上のシリーズ、40以上のパイロットを制作してきたそうです。 テレビ放送、ケーブル放送、配信向け、劇場配給のアニメーション作品の制作実績あり。また、大手ブランドやアーティストのミュージックビデオ、コマーシャル、ブランドコンテンツ、モーショングラフィックスの制作経験もあります。 Bento Boxが最近制作した作品には、Apple TV+の『Central Park』、Adult Swimの『Lazor Wulf』、Comedy Centralの『Brickleberry』『Legends Of Chamberlain Heights』、FOXの『Bob's Burgers』などの番組があります。

 

Warner Bros. Animation(アメリカ)

代表作:
マイク・タイソン・ミステリーズ #Toon Boom製品が制作に使用されました

▶︎ 会社概要をざっくり翻訳
Warner Bros. Animationは、アメリカ合衆国のエンターテインメント企業ワーナー・ブラザースの子会社であるアニメ製作会社である。 1933年に設立されたワーナー・ブラザース・カートゥーン(英語版)を前身とし、映画・テレビでのアニメ作品の製作を行っている。特に、『ルーニー・テューンズ』や『トムとジェリー』といったコメディー作品や、DCコミックスの漫画を原作とするスーパーヒーロー作品で知られている。 from Wikipedia

 

Cartoon Network Studios(アメリカ)

公式Web:https://www.cartoonnetworkstudios.com/

代表作:
アドベンチャー・タイム #Toon Boom製品が制作に使用されました
スティーブン・ユニバース #Toon Boom製品が制作に使用されました
ぼくらベアベアーズ

▶︎ 会社概要をざっくり翻訳
カートゥーン・ネットワーク・スタジオは、1994年にカートゥーンネットワーク向けの新作TVアニメーションを制作するために創立されました。 from Wikipedia

 

Stoopid Buddy Stoodios(アメリカ)

北米のスタジオリスト-02-min

公式Web:http://www.leagueofbuddies.com/

代表作:
ROBOT CHICKEN #Toon Boom製品が制作に使用されました
MEGA MAN UNIVERSE
Crossing Swords

▶︎ 会社概要をざっくり翻訳
Stoopid Buddy Stoodios は、テレビ、映画、ウェブ向けのストップモーション、CG、2Dアニメーションコンテンツの制作・開発を専門とするフルサービスの制作会社です。カリフォルニア州のバーバンクという場所にキャンパスがあります。 The Stoodioは、テレビで最も長く放送されているストップモーションショー『ROBOT CHICKEN』をはじめ、ソニーの『SUPERMANSION』、Netflixのキッズシリーズ『BUDDY THUNDERSTRUCK』、WWEネットワークの新番組『CAMP WWE』、デニーズのウェブシリーズ『THE GRAND SLAMS』といった作品を制作しています。

 

Bix Pix Entertainment(アメリカ)

北米のスタジオリスト-04-min

公式Web:https://www.bixpix.com/

代表作:
Tumble Leaf #Toon Boom製品が制作に使用されました

▶︎ 会社概要をざっくり翻訳
Bix Pixは、主にストップモーション・ミクストメディアを中心としたアニメーションを制作しているスタジオです。デジタル、テレビ、コマーシャル、ミュージックビデオ、短編映画、長編映画など、様々なプラットフォームに向けて作品を制作しています。

 

Film Roman(アメリカ)

北米のスタジオリスト-05-min

公式Web:http://filmroman.com/

代表作:
シンプソンズ #Toon Boom製品が制作に使用されました
ULTIMATE SPIDER MAN
HEATHCLIFF

▶︎ 会社概要をざっくり翻訳
Film Romanは、オリジナルキャラクターを使った作品制作をしているそうです。

 

Starburns Industries(アメリカ)

北米のスタジオリスト-06-min

公式Web:https://www.starburnsindustries.com/

代表作:
リック・アンド・モーティ #Toon Boom製品が制作に使用されました

▶︎ 会社概要をざっくり翻訳
Starburns Industriesは、ストップモーション、2D、CGアニメーション、実写制作を専門とする制作会社です。 『Moral Orel』『Mary Shelley's Frankenhole』『Rick & Morty』などのアダルトスイムシリーズや、アカデミー賞にノミネートされたアニメーション映画『Anomalisa」、Netflixの長編アニメーション映画『Bubbles」などの制作を担当しているクリエイター主導のスタジオです。 このスタジオは、2010年夏、エミー賞を受賞した『Community」のホリデースペシャル版を制作するためにスタートしました。 バーバンクにある制作スタジオは、専用の人形製作工場、大規模なセット製作スペース、3Dプリントとプロトタイピング、最先端のナレーション録音とADRスタジオ、モーションコントロール、エディトリアル、VFX、完全なポストプロダクションと配信サービスなどがあるそうです。

 

カナダのアニメーション制作会社

Nelvana(カナダ)

北米のスタジオリスト-13-min

公式Web:http://www.nelvana.com/

代表作:
RANGER ROB #Toon Boom製品が制作に使用されました
おおきいあかい クリフォード #Toon Boom製品が制作に使用されました

▶︎ 会社概要をざっくり翻訳
Nelvanaは、1971年に設立された子供向けアニメコンテンツの国際的な制作・配給会社です。 アニメーションコンテンツの開発、制作、配信を行っています。Toon Boomとは親会社(コーラス・エンターテイメント)が同じという関係性で、カナダのトロントにあるスタジオは最先端のデジタルアニメーション制作設備が整っています。 Nelvanaの代表作品は、『Babar』『Franklin』『Max & Ruby』『The Berenstain Bears』などの定番作品から、『Little Charmers』や『Trucktown』などの新作まであります。現在4,000以上の30分アニメエピソードを制作してきました。過去には、エミー賞やジェミニ賞など、70以上の主要な国際番組賞を受賞しています。

※NelvanaとToon Boomは、同じ親会社を持つグループ企業の関係です。

 

Mercury Filmworks(カナダ)

北米のスタジオリスト-18-min

公式Web:https://mercuryfilmworks.com/

代表作:
ライオン・ガード #Toon Boom製品が制作に使用されました
Mickey Mouse #Toon Boom製品が制作に使用されました
Tangled

▶︎ 会社概要をざっくり翻訳
マーキュリーフィルムワークスは、独立系のエンターテインメント企業です。 デジタルの2D & 3Dアニメーションを制作しており、コンセプトやクリエイティブな開発からデザイン、アニメーション、ポスト&デリバリーに至るまで、映画やテレビの制作サービスを完全に提供しているそうです。

 

Atomic Cartoons(カナダ)

北米のスタジオリスト-14-min

公式Web:https://atomiccartoons.com/

代表作:
101 Dalmatian Street #Toon Boom製品が制作に使用されました
The Last Kids On Earth
Hilda

▶︎ 会社概要をざっくり翻訳
北米3かのアニメーションスタジオで制作し、有名作品に数多く関わるメインスタジオです。『101 Dalmatian Street』『The Last Kids On Earth』『Hilda』などが、最新の彼らの代表作品です。 バンクーバーのスタジオは、オリンピックビレッジの南、フォルスクリークの雄大な海岸沿いにあります。オタワのスタジオは、折衷的なヒントンバーグに位置しています。豊かなアニメーションの歴史を持つ地域にあります。そして、カリフォルニア州バーバンクにも新しいスタジオを設立しています。

 

Oasis Animation(カナダ)

北米のスタジオリスト-16-min

公式Web:http://oasisanimation.com/en-us/

代表作:
Walter & Tandoori #Toon Boom製品が制作に使用されました
PERUSSE CITE #Toon Boom製品が制作に使用されました
ARTHUR

▶︎ 会社概要をざっくり翻訳
Oasis Animationは、ジャック・ビロドーによって2003年に設立されたスタジオです。最先端の技術を駆使し、高度な技術を持ったアーティストとデジタル制作の専門家のチームによって構成されているとのこと。 2018年10月に大型プロジェクトに対応するために規模を2倍に拡大しました。

 

WildBrain Studios(カナダ)

北米のスタジオリスト-19-min

公式Web:https://www.wildbrain.com/

代表作:
Snoopy in Space #Toon Boom製品が制作に使用されました
Mega Man: Fully Charged
Transformers: Rescue Bots

▶︎ 会社概要をざっくり翻訳
WildBrain Studios は、子供や家族に愛されるエンターテイメントコンテンツの制作に専念しています。 Apple、Netflix、LEGO、DreamWorks、BBC、Cartoon Network、Nickelodeonなどの国際的なパートナーと協力して、未就学児から10代までの視聴者を対象としたオリジナルのアニメーションや実写シリーズを開発・制作しています。 BC州バンクーバーにある75,000平方フィートのアニメーション・スタジオでは、「スヌーピー・イン・スペース」、「カルメン・サンディエゴ」、「曇天に肉球のチャンス」、「Go, dog.Go! Go, dog.Go!」、「LEGO Ninjago」、「Mr.ピーボディ&シャーマンショー」、「ボブ・ザ・ビルダー」、「ファイヤーマン・サム」、「ザ・ディープ」など、最高品質の2D・3Dショーを制作してきました。

 

Jam Filled(カナダ)

北米のスタジオリスト-21-min

公式Web:https://www.jamfilled.com/

代表作:
THE LOUD HOUSE #Toon Boom製品が制作に使用されました
FINAL SPACE
MY FRIEND PANCAKE

▶︎ 会社概要をざっくり翻訳
2007年、3人の男たちは、自分たちが働きたいと思えるスタジオを作ることを決めた。それ以来、Jam Filledはマノティックの田舎にあった400平方フィートの小さな屋根裏部屋から、オタワとトロントにスタジオを持つマルチプロダクションのアニメーション会社へと拡大してきました。すべてのプロジェクトで品質を重視し、楽しさを追求して制作しているそうです。 Jam Filledは、2016年にBoat Rocker Media Groupファミリーの一員となりました。

 

9Story(カナダ)

北米のスタジオリスト-10-min

公式Web:https://9story.com/

代表作:
Camp LakeBottom #Toon Boom製品が制作に使用されました
3 Amigonauts
Garfield and Friends

▶︎ 会社概要をざっくり翻訳
9 Story Media Groupは世界有数のキッズ&ファミリー向けコンテンツ会社です。 そして、9 Story Media GroupのアニメーションスタジオがBrown Bag Filmsです。強力なストーリーと魅力的なキャラクターを持つ最高品質のクロスプラットフォームのアニメーションを制作することに重点を置いた制作をしているそうです。グループ内の配給会社9 Story Distribution Internationalは、4,100本以上のアニメーションおよび実写番組を配給しています。 9 Story Media Groupはトロント、ニューヨーク、ダブリン、マンチェスター、バリにオフィスを持ち、世界中に1000人以上のスタッフを雇用しています。

 

JerryCo Animation(カナダ)

北米のスタジオリスト-11-min

公式Web:http://www.jerrycoanimation.com/

代表作:
The Deerskins #Toon Boom製品が制作に使用されました
SEDNA, EMPRESS OF THE SEA

▶︎ 会社概要をざっくり翻訳
JerryCo Animationは、北米初の先住民が所有・運営するアニメーションスタジオです。彼らの作品はすべて、先住民族の文化や言語を紹介しながら、先住民族とそうでない視聴者の両方から楽しまれる作品を制作しています。 2002年以来、JerryCo Animationは、様々な視聴者に向けてアニメーションを制作し、これまでに200話以上のテレビアニメ、150曲のアニメソング、長編映画を制作してきたそうです。 「最高のソフトを使ってアニメーションをする」を技術的なコンセプトにしており、すべての作品を、Toon BoomのHarmonyで制作しているそうです。

 

Echo Media(カナダ)

北米のスタジオリスト-12-min

公式Web:https://www.echomedia.tv/index.php/en/

代表作:
Life on the Block #Toon Boom製品が制作に使用されました

▶︎ 会社概要をざっくり翻訳
Echo Mediaは、モントリオールを拠点とする映画・テレビ制作会社です。 従来のプラットフォームとデジタルプラットフォームを通じた番組放送の最適化にも取り組んでおり、派生商品、ライブショー、各種権利の販売を通じて商業化を推進しているそうです。

 

Guru Studio(カナダ)

北米のスタジオリスト-15-min

公式Web:https://gurustudio.com/

代表作:
Ever After High #Toon Boom製品が制作に使用されました
PAW Patrol
Pikwik Pack

▶︎ 会社概要をざっくり翻訳
Guru Studioは、エンターテインメント企業です。数々の受賞作品の制作、開発、プロデュースに関わってきたそうです。

 

Big Jump(カナダ)

北米のスタジオリスト-17-min

公式Web:https://bigjumpent.com/
国:カナダ

代表作:
F is for Family #Toon Boom製品が制作に使用されました
HOCKEY SKATES #Toon Boom製品が制作に使用されました
Starship Goldfish

▶︎ 会社概要をざっくり翻訳
BIG JUMPのプロデューサーチームは、ロングフォームのエンターテインメントからモバイルゲームまで、あらゆるメディアに向けて魅力的なストーリーを制作しています。 BIG JUMPの制作チームは、ベテランで構成されており、200時間以上に及ぶ独自のコンテンツを世界中で放映しています。

 

Big Bad Boo Studios(カナダ)

北米のスタジオリスト-20-min

公式Web:https://www.bigbadboo.com/

代表作:
MIXED NUTZ #Toon Boom製品が制作に使用されました
1001 NIGHTS
16 HUDSON

▶︎ 会社概要をざっくり翻訳
Big Bad Boo Studiosは、カナダのバンクーバーにあります。キッズコンテンツの制作と配信に専念しています。 最近では、初のHuluオリジナル子供向けシリーズ『The Bravest Knight』や、TVOKidsのプリスクール・シリーズ『16 Hudson』などのアニメーション作品を制作しています。 Big Bad Booは、プリプロダクション、アニメーション、ポストプロダクションサービスの全てを提供しており、ライター、絵コンテアーティスト、声優、制作クルーなどのメンバーを擁しています。

 

Sardine Productions(カナダ)

北米のスタジオリスト-22-min

公式Web:https://sardineproductions.com/intro/

代表作:
CHOP CHOP NINJA #Toon Boom製品が制作に使用されました

▶︎ 会社概要をざっくり翻訳
Sardine Productionsは、2002年1月に設立されました。カナダのケベック州モントリオールを拠点としています。国際的な魅力を持つ知的財産を開発し、その流通と活用の可能性を最大限に引き出すべく運営されています。

まとめ

ということで、弊社のウェブサイトに掲載されているアメリカとカナダのスタジオを集めてみたら合計21社になりました。当然ですがこれ以外にもたくさんあるので、今後は他のスタジオについても研究できたら楽しいだろうなと感じました。

皆さんは、知ってるスタジオはありましたか?

Storyboard Pro