最も最近の


Toon Boom Harmonyが、ベストアニメーションツールに選ばれました!

Tags: アニメーション Harmony

Toon Boomのアニメ制作ソフトHarmonyが、『Animation Magazin(アニメーションマガジン)』の読者による投票で、2018年のベストアニメーションツールに選定されました。

この投票は、2018年11月22日から12月10日にかけ、Animation Magazinの読者に対して行われたもので、アニメーションツール部門の他に、テレビシリーズアニメや子供向けアニメなど、様々な部門に渡る読者ランキングが発表されています。

Harmonyをベストアニメーションツールに選んでいただいたことを、誇りに思います。

今回の受賞を受け、Toon Boom Animationのマーケティングディレクター・George Stamatakosは「今回、このように実際にアニメ制作をされているアニメーターや学生、スタジオ、そしてアニメファンの子供から大人まで、様々な方の投票によってHarmonyをベストアニメーションツールに選んでいただいたことを、誇りに思います」と語りました。

さて、今回Harmonyが選定されたのはベストアニメーションツール部門ですが、他部門での受賞作品には、HarmonyやStoryboard Proを使って制作されたものが多数あります。ここで、いくつかご紹介します。

まずは、ベストプライムタイムテレビシリーズを受賞した『ボージャック・ホースマン(BoJack Horseman)』です。この作品では、弊社の絵コンテソフトStoryboard Proをご利用いただきました。また、同部門の次点に選ばれた『ザ・シンプソンズ(The Simpsons)』は、絵コンテにStoryboard Proが、アニメーションにHarmonyが使われました。

あるいは、ベストニューシリーズで次点に選ばれた『ヒルダの冒険(Hilda)』や、ベストキッズ&ファミリーシリーズに選ばれた『スポンジ・ボブ/スクエアパンツ(SpongeBob SquarePants)』でもToon Boomのソフトが利用されています。

受賞されたみなさま、本当におめでとうございます!

Toon Boomはこれからも、アニメーションをテクノロジーで支えます!

アニメーションツール部門での受賞に加え、各部門でもToon Boomで制作された作品が選ばれたこと、とても嬉しく思います!

Toon Boomは、アニメーション制作をテクノロジーの側面からサポートするために、日夜新しい方法を模索しています。日本のアニメ業界でもより多くの方にお使いいただき、お役に立てるよう、引き続き改善を続けていきますので、応援よろしくお願いします!

Harmony